ふくもと歯科医院ブログ

BLOG

blog
  1. トップ
  2. / ブログ
  3. / スタディーグループ救歯会 2月例会に参加

スタディーグループ救歯会 2月例会に参加

皆様、こんにちは。

山梨県韮崎市 ふくもと歯科医院の福本晃祐です。

昨日は所属するスタディーグループ救歯会の例会に参加してきました。

(毎月第一水曜日午後は休診させていただいており、患者さんにはご迷惑をおかけしております。)

 

4人の演者の先生方が発表されました。

・広汎型慢性歯周疾患の経過報告(18年経過)

・咬合挙上をした上顎欠損歯列症例の13年経過

・咬頭嵌合位の決定に悩んだ症例

・歯周組織再生療法における長期的評価(20年経過)

 

中でも一番印象に残ったのは噛み合わせを上げて口腔内全体の治療をされた症例でした。

見事に噛み合わせを再構成をされ13年の経過の中で失われたのはたったの一本でした。

噛み合わせを上げたにもかかわらず13年の経過の中で徐々にまた最初の高さに戻りつつあり、義歯の人工歯と噛み合わさる天然歯が異常にすり減っていたのには驚きでした。

噛み合わさる材料への配慮、大事なのかもしれませんが、硬い方が良いのか軟らかい方が良いのか、何が正解なのか分からないところが臨床の奥深さなのかもしれません。

 

僕も噛み合わせを上げるべきか否か、迷うことは多いですが、長い経過症例を拝見することはとても勉強になります。学んだことを明日からの臨床に活かしていきたいと思います。

 

山梨県韮崎市 かかりつけ歯科医院 ふくもと歯科医院 院長福本晃祐

fukumoto.dental