ふくもと歯科医院ブログ

BLOG

blog
  1. トップ
  2. / ブログ
  3. / お口の中をスキャン

お口の中をスキャン

こんにちは、ふくもと歯科医院です。

 

今回は”新しい技術”・・・・・デジタル歯科技術のご紹介です。

お口の中をスキャンし、コンピューター上で歯を設計・加工して

いく技術です。

 

スタッフの治療を従来のアナログではなく、デジタルで

どこまで可能なのか検証した様子です。

 

 

昔はお口の中の型をとるときは粘土のような物を

口に入れられ気持ち悪い思いをした方も

多いのではないでしょうか?

 

それが今では!!!!

お口の中を小型カメラで撮影=スキャンして被せ物を作ります

 

あの粘土みたいなものを入れられて苦しい思いをすることもありません。

お口を開いて写真を細かくとるだけなので、負担も少なく時間も短縮されます。

また、撮影したデータをもとに作成しますので気温や水分などの影響が少なく安定しています。

 

従来の粘土による型取りは気温や水分の影響をかなり受けるため

扱いには注意が必要でした。

 

例えば・・・いつもの粘土の型取りになると粘土のお水の量も影響します。

それをもとにして作る石膏模型も水の量、温度にも影響を受けます。

 

デジタルの場合はそのような誤差を最小限にできるため

「一定レベルの安定性」を得ることできます。

 

ただし、デジタル技術>アナログ技術ではなく

まだまだ検証が必要ではあります。

機械任せではなく、歯科技工士さんの手がどれだけかかり

手間暇かけて作るかが大切です。

 

先進国では当たり前になってきている口腔内スキャナー

今後徐々に日本国内でも普及していくと思われます。

 

一流の歯科技工士による細かいチェックや拘りを活かすために

従来通りの型取りも併用することがあります。

 

良く言えば、デジタルとアナログのイイトコどりですね。

セラミック系の修復物はほぼデジタルでの治療が可能ですので

お気軽にお問い合わせ下さい。